気まぐれでごめんなさい日記

ドイツと日本を行ったり来たりーPIANIST犬飼新之介のコンサート記録、日ごろ感じたことを綴るブログ

演奏すること


自分の演奏で、それを聴いてくださったお客さんが喜んでくれる。それはぼくにとって、ものすごくうれしいこと。作曲家と向きあって自分の精一杯の表現で彼らの残してくれた作品を再現する。毎日自己満足と自己否定の狭間をぐるぐるいったりきたり。自分の演奏でお客さんを喜ばせたり、感動させたり、なんておこがましい。どこまでいっても自己満足の世界。舞台の上でできる限りの表現をするだけ。なんて考えながら1人でコーヒーを飲むの巻目


iPhoneからの投稿

photo:01